Featured Tracks

Upcoming Events

  • 04/29/2017
    Zepp Tokyo - Odaiba, Tokyo
     
  • 05/26/2017
    Raleigh Convention Center - Raleigh, NC
     

Links

Mari Iijima Email List

Join the email list :)

 

Translations

 

Wrong Distance (Words & Music by Mari Iijima)

 

あなたとのスカイプはもう楽しくない

It’s no longer fun to Skype with you

距離を感じさせるメディアでしかない

It’s the media that makes me feel a distance between us

 

いつも顔見合わせて話せるならいいけど

It’d be better if we could always see each other’s faces to communicate 

文字はすれ違い 言葉は途切れる うぅう

But usually we get lost in texts and our words lose connection . . . uuuu

 

ただ何も言わずにそこにいてほしかった

I wished that you could just be there with me without saying anything

静けさの真ん中で支えてほしかった

I wished that you could just support (hold) me in stillness

 

沈黙が気まずいとオフラインになった

But you couldn’t handle the silence and went offline and left me in sadness

あなたは自分の事しか考えない うぅう

The truth is you could only think about yourself . . . uuuu

 

(I lost myself and contaminated my world  

with negativity . . . with negativity . . . Sorry, my love.) 

(私は自分自身を見失った そして自分の世界をネガティブに染めてしまった

ごめんね、マイラブ)   *my love - Bunny     -----   このブリッジ(大さび)は、バニちゃんへのごめんなさいです。

 

あなたとのスカイプはもう楽しくない

It’s no longer fun to Skype with you

夜が明けるまであなたを待った

I waited for you to get home and be online 'til the morning comes in LA

 

巧みな言い訳で私を傷つけた

You always made some dramatically silly excuses and broke my heart

あなたは自分の事さえ愛せない うぅう

The truth is you couldn’t even love yourself . . . uuuu

 

Goodbye

さよなら

 

 

ひとり -Solitude- (Word & Music by Mari Iijima)

 

ひとりでいるのは淋しい 話し相手が欲しい

It's lonesome being alone It'd be nice if I have someone to talk to

ひとりでいるのは淋しい でも 自由がある

It's lonesome being alone But I have freedom

 

気ままに行けるコンサート 肩に回る腕もない

I can go to a rock concert without worrying about anything  No arm around my shoulder during the show

ギターリストに恋をしても ああ、お咎めなし!

Even if I fell in love with a guitarist there wouldn't be no punishment for it!

 

ほんとに好きな人と 相性も抜群で

If you're with someone you really like and your vibes match well

ルックスもタイプなら それは 夢のようです

And if he (she) is your type looks-wise too, that would be like a dream, wouldn't it

 

ふたりでいるのも淋しい 心が通じなけりゃ

Being with someone feels lonesome too if our hearts don't connect

ふたりでいるのも淋しい なら ひとりがいい?

Being with someone feels lonesome too  Then . . . do I want to stay alone?

 

ひとりでいるのは淋しい 話し相手が欲しい

It's lonesome being alone It'd be nice if I have someone to talk to

ひとりでいるのは淋しい でも ひとりがいい

It's lonesome being alone But . . . I choose "alone"

 

ほんとに好きな人と 相性も抜群で

If you're with someone you really like and your vibes match well

ルックスもタイプなら それは . . . 

And if he (she) is your type looks-wise too . . . ahh

 

もしそうじゃなければ あなたの空間(スペース)を

If that's not the case, before you compromise your space too much too soon,

譲りすぎる前に そっと さよならしましょう

You better say "goodbye" gently  . . .

 

 

殻 - Shell (Words & Music by Mari Iijima)

 

殻の中に戻ろうと 床を這う自分がいる

I'm crowling the floor to get back into the shell 

傷つくのがこわくって 心が今震えて

My heart is shaking now I'm afraid to be hurt

 

ぎくしゃくとした会話は後味悪いね

Awkward conversation leaves some sour tastes 

お互いに時間置こうとしてる

We're both trying to have some time and space between us

 

あなたには彼女がいて その人を知ってる

You have a girlfriend and I know who she is

私よりも若くってスタイルも抜群

She is younger than me and she has a great proportion

 

華やかなあなたの日々垣間見る度

When I see your lavish lifestyle 

自分の居場所 わからなくなる

I really can't find where I stand in your life

 

Show me the way I'll let it flow

どうしたらいいか教えて ゆっくり行くから

Please show me the way . . .

どうしたらいいか教えて

I'm swimming in the grey 

私は今グレーの中で泳いでいる

I'm swimming in the grey    Ah . . . 

今グレーの中で ああ . . . 

 

殻の中に戻ろうと 床を這う自分がいる

I'm crowling the floor to get back into the shell 

傷つくのがこわくって 心が今震えて . . .

My heart is shaking now I'm afraid to be hurt . . .

 

勇気 -Yuuki- (Words & Music by Mari Iijima) Dedicated to Yuuki 

勇気はね ママをね 救ってくれたんだよ

Yuuki saved mama that day

3月の18日 二人は出会った

We met on March 18 . . .

入り口から二つ目の鉄格子の中に

The second cell from the entrance . . .

君はね もの静かに立ってママを見てた

You were quietly standing there and gazing me

 

ほかの犬達が 泣いたり叫んだり

Other dogs were crying and barking . . . 

そんな中 君はひとり 凛としていたんだ

And yet you had this stillness inside you

 

ママはね そんな君がとても気になったよ

Mama got very curious about you

君はね そんなママを当てにしなかったけど

Although you weren't counting on me that day

 

I’ll take care of you 

大切にするよ

Yes, with all my heart

精一杯

Let’s grow older together

一緒に年をとろう

We found each other in the world called love    

私たちはお互いを 愛と名のつくこの世界で見つけ合ったんだ

   

ママのね 心のケアは 君の仕事じゃない

To fix my broken heart is not your job

君をね 愛する事で ママは立ち直るよ

Mama will be healed and get stronger by loving you

 

勇気はね ママをね 救ってくれたんだよ

Yuuki saved mama that day

3月の18日 二人は出会った

We met on March 18

 

The Greatest Teacher of My Life (Words & Music by Mari Iijima) Dedicated Bunny

 

When you left here I wanted to go with you

あなたがここを去った時 私も一緒に行きたかった

But I couldn't go with you . . . I was weak

でも出来なかった 私が弱虫で

I cried and cried

泣いた そして 泣いた

I was lost without you

あなたを失い自分をも見失ってしまった

I blamed myself for what you've gone through

あなたが味わった苦しみは 全て自分のせいだと自分を責めた

 

During that time

そんな中で

The one who kept me alive was you 

私を生かし続けてくれたのはあなた

You sent me messages to let me know you were still with me

あなたはいくつもののメッセージを送ってくれて 僕はまだここにいるよって教えてくれたの

 

You're the greatest teacher of my life

あなたは私の一番の人生の先生

You know everything that's going on in life

暮らしの中で何が起きているかあなたは全部知っているの

You took my hand and guided me through pain

あなたは私の手を取り 痛みをくぐり抜けられるように導いてくれた

You're the greatest teacher of my life

あなたは私の一番の人生の先生

You sacrificed yourself to save my heart

あなたは自分の命を持って私の心を救ってくれたの

So I could wake up from the saddest dream

私が悲しい夢から目覚められるように

 

My tears are clouds floating in the sky

私の涙は空に浮かんでいる雲

You take me in your arms, they evaporate 

あなたの腕に抱かれれば蒸発する

You’re the Sun 

あなたは太陽

You’re gentle breeze

あなたはそよ風

You're butterflies flying over me

あなたは私の頭上を舞い飛ぶ蝶たち

     

I hear the chime deep in stillness  

深い静けさの中でチャイムを聞いた

It's you!

あなたね!

You send me messages to let me know you are still with me

あなたはいくつものメッセージを送ってくれる そして僕はまだここにいるよって教えてくれるの

 

You're the greatest teacher of my life

あなたは私の一番の人生の先生

You know everything that's going on in life

暮らしの中で何が起きているかあなたは全部知っているの

You took my hand and guided me through pain

あなたは私の手を取り 痛みをくぐり抜けられるように導いてくれた

You're the greatest teacher of my life

あなたは私の一番の人生の先生

You sacrificed yourself to save my heart

あなたは自分の命を持って私の心を救ってくれたの

So I could wake up from the saddest dream

私が悲しい夢から目覚められるように

 

I love you

愛してるよ 

 

New Kind of Crisis (Words & Music by Mari Iijima)

 

You wanna know my name

あなたは私の名前を知りたいと言う

You wanna be my friend

あなたは私の友達になりたいと言う

I wanna be your friend too

私もあなたの友達になりたい

But I'm afraid to tell you my name

でも あなたに名前を伝えるのが怖いの

 

Will you still like me then?

(名前を告げた後)あなたはまだ私を好きでいてくれるかしら?

Will you still like me more?

それとも 私をもっと好きになってくれるかしら?

I wanna be your friend too

私もあなたの友達になりたいの

But I'm afraid you'll find out my fame

でも あなたが私についてもっと知ることがこわいの

 

This is a new kind of crisis

これは新しいタイプの重大局面ね

 

You and I . . . Have we met before?

あなたと私 以前どこかで出会ったことがあるかしら

Maybe somewhere in time

いつかどこかで

Were we lovers or were we friends

私たちはラヴァーズだった?それとも友達?

Now I'm afraid to tell you my name

今あなたに私の名前を告げるのがこわい

 

This is a new kind of crisis

これは新しいタイプの重大局面

Are you going to be Houdini?

あなたは(マジシャンの)フーディーニのように消えるのかしら?

 

This is a new kind of crisis

これは新しいタイプの重大局面

Are you going to be Houdini?

あなたは(マジシャンの)フーディーニのように消えるのかしら?

 

Deep Deep Love (Words & Music by Mari Iijima) Dedicated to Tony Luke

 

*Deep Deep Love Deep Deep Love

深い深い愛 深い深い愛

I feel Deep Deep Love for you

私はあなたに深い深い愛を感じている

Deep Deep Love Deep Deep Love

深い深い愛 深い深い愛

I feel Deep Deep Love for you

私はあなたに深い深い愛を感じている

 

I wish I met you before

I wish I rang you before

I wish I hugged you before you went

I wish I spoke with you before

I wish I wrote with you before

I wish I made your wish come true before you went

 

*Repeat

 

顔合わせればよかった

電話すればよかった

ギュっとハグしてあげたかった

話を聞けばよかった

コラボ出来ればよかった

願いを叶えてあげたかった

 

But I know that you’re here with me

Smiling upon me now 

Yes I know that you’re here with me

Highlighting the way I go

 

*Repeat

 

だけどあなたはいる

微笑みかけてる

そうよ!ここにいる

道を照らしてる

 

*Repeat

  

Awakening (Words & Music by Mari Iijima)

 

そっと目を閉じて ふと息を止めて

Close your eyes and stop your breath gently

ハートの裏側の空間を感じてみて

And feel the space behind your heart

そこには命の源がある

There is the origin of all of our lives

何にも乱されずに横たわる静かな湖

A quiet lake that never loses stillness       

 

I have awakened through my suffering

深い悲しみが教えてくれた

 

庭のベンチに犬と腰掛けて

when I was sitting on the bench in the yard with my puppy

どこか遠くへ行きたいと願った時

and wished if we could just go away

不意に世界が音をなくした

Suddenly the world lost its sounds

そして全てが繋がっていると気付いた

And I realized that we are all connected 

 

I have awakened through my suffering

私は苦しみを通して目覚めた

深い悲しみが教えてくれた

Deep suffering taught me something precious

 

I have awakened after the storm

私は嵐の後に目覚めた

私の気付きはあなたのため

My awakening is for you 

あなたの気付きは世界のため

Your awakening is for the universe

 

©marimusic2016

-------------------------------------------------------------

 

Liner Notes

Wrong Distance

本来なら、Long Distance(遠距離)なのですが、

Wrong Distance(間違った距離)というタイトルに変えました。

距離を縮めた事がまず間違い、という思い。

日本人(アジア人?)は、RとLの区別が出来ないと、

英語圏でフレンドリーなジョークのネタになるのですが、

それを文字ってダブルミーニングにしました

(WrongはWで始まる言葉ですが、発音的にはRです)。

イントロ頭にテープの巻き戻し音があるのは、

本当はもうこの事を語りたくはないけど、

この曲をアルバムに収録したかったので、音楽のためにだけ、

人生を少し巻き戻します、という前置きです。

オープニングトラックに相応しい勢いある出来になった、

と私は思っています。

 

ひとり-Solitude-

アレンジ的に、まずカスタネットを使いたいというのがあって、

本物を使いたかったのですが、最終的にはキーボードで叩きました。

子供の頃にバレエで踊ったスパニッシュダンスのイメージや、

時代的には、1940年代なのか50年代なのか、

レトロな気分が自分にはありました。

それを目指したわけでも、比較しながら作ったわけでもありませんが、

これは、2016年版の”ひとりぼっちが好き”ですね。

 

殻-Shell-

これは、二つの関係性のないドラマを、

1つに繋ぎ合わせて完成させた特殊な曲。

1番のサビ前まで書いて中途半端な状態で保存されていた曲に、

新たに生まれた別のドラマを書き加えました。

多分、流れ的にはスムーズに聴いていただけるんじゃないでしょうか。

私は大サビ(ブリッジ)のI’m swimming in the grey

(私は灰色の中を泳いでいる)というところが気に入っています。

白でも黒でもないグレーなエリアで時間を費やす事って

私は苦手なんですけど、

最近はその練習も、あまり思い詰めないようにしながら

ふわっとやっています。

 

Yuuki

While I was trying to record this vocal,

Yuuki climbed up on me so I sang while holding him in my arms. 

This is a song about how we met.

My favorite part is where I'm telling Yuuki

"Fixing my heart is not your job. I'll be healed by loving you. "

この曲の歌入れをしていたら勇気が抱っこして~と

椅子に爪先立ちしてきたので

(そうです、スヌーピーのように二本足で)、

腕の中に抱っこしながら歌いました。ママから勇気へ愛と感謝を込めて。

This is for Yuuki with all my gratitude. 

 

The Greatest Teacher of My Life

この曲は、愛するバニちゃんへ感謝の気持ちを込めて捧げる曲です。

サビのメロディーと詩と共に、曲全体が流れるように一度に出てきました。

なので歌も、流れるように一度で歌ったような印象にしたいと思いました。

バニーは自分の命を持って、私を救い目覚めさせてくれたのです。

This song is dedicated to Bunny.

It's about how he helped me through

while I suffered deeply after his sudden passing.

I love you, Bunny. xx

 

Rewind My Life for The Sake of My Music

音楽のために、もう一度時間を少し巻き戻します、

というインタールードです。

庭で自然音を録音しました。

 

New Kind of Crisis

ネット上にハンドルネームで存在していたある日、

ある人からダイレクトメッセージをもらいました。

自分もフォローしていた人なのでびっくりしましたが、

そこから会話は始まりました。

ある日、本当の名前を教えて!と言われました。

でも、教えたらいろんな事が知られてしまう。

現実的な事柄から離れて、

ふわっとお友達を続けていたかった私は凍ってしまいました。

この曲は、その名前を聞かれた瞬間の、

私の気持ちを描いた曲です。

昨年の東京でのライブの前日に、

持っていたUSBキーボードで一気に書き上げ、

詩はしばらく練りました。

名前を教えたらあなたは私のフェームを知ってしまう、

というくだりは、

私が有名だ、という事ではなく、過去の仕事の情報から、

私の年齢までオートマティックにばれてしまうという事。

私の年齢を知ったら、マジシャンのフーディーニのように、

あっという間に私の前から姿を消すだろうな、

とそう思いました。私にとっては、結構真剣な苦悩でしたので、

これこそ、このご時世ならではのクライシスだな、と。

 

Deep Deep Love

This song is dedicated to my friend who I have never met but I cared for dearly.

He was/is a fan of my music. He was/is an artist.

He made a transformation to the other side earlier this year.


He often told me my music helped him while battling his illness.

(Especially one of my tracks called "Pink Bed, Blue Bed")

I couldn't imagine he was that ill when I spoke with him through emails.

He was trying to let me know that but I was way too optimistic

or maybe even casual about it. I felt terrible afterwords.


I had so many things I should’ve done with/for him while he was still here.

(He wanted to collaborate with me after he comes back from the surgery. Film x Music)


The day he passed . . . While I was sitting on my favorite bench in the backyard with my dog,

I felt his presence in the air. At the same time, I felt this sudden urge

so I left a voice message on his phone through IM for the first time.

I came into the house and logged onto Facebook,

then I found out that he was already gone. I was truly devastated. I cried. It took a while for me to process all.

But now, I feel that we are connected through deeper dimension.

He can travel to me at any time he wants as a ray of light or soft breeze, etc etc.



I also dedicated a ballet piece to Tony during my concerts in Tokyo on September 3, 2016.

I danced to one of my older tracks called "midori".

I wrote that song about 30 years ago and I wasn't aware of what I was actually expressing through it at that time.

When I decided to dance to "midori", I felt as if the song existed here for this occasion.

The song goes . . .  "I don't know anything about you and yet I know everything about you."

"I've never met you, but I will see you again."  


Lots of love. xxx


 

A Dream of Consciousness

Consciousness walking on the surface of the Earth while whistling.

That kind of image.

Consciousness - Awareness - God knows how to take it easy too. 

The world we live in is a dream of consciousness.

 

Awakening

The most important song on this album.

My awakening is for you.

Your awakening is for the world.

When all of us wake up, we finally achieve WORLD PEACE.

 

Thank you for your support on my music.

Mari xx

©marimusic2016